リビアの言論の自由と銃

リビアのメディアはカダフィの遺産により弱体化しています。新たな規則、それ以上に激しい脅迫に立ち向かう勇気がなければ言論の自由はまだ遠い夢だとジェリー ティミンズは述べます。

「国中至る所に武器があるので、リビアには自由なメディアはありません」と首都トリポリの西に位置するザーウィアの国営 ラジオ プログラム・マネージャー エマド ガダラ氏は言います。私がザーウィアを訪問する直前まで、ザーウィアへ向かう道路は反政府軍民兵と暴力的な抗 争によって閉鎖されていました。2011年にその事件が起きたザーウィアは、まだ戦場の様相を呈しています。ある地点では、私のタクシーの運転手は「身を 守る為」に拳銃を見せます。

こういった雰囲気の中で自由に報道ができるはずがありません。

エマド氏は革命後、このラジオ局に戻されました。「私は、チュニジアや他の至る場所で商業用のラジオ放送を聞いてきまし たので、どういったラジオが良いかのかは知っています。私たちの放送は競争力がありません。」と彼は言います。「私たちは、古い考え方を持っています。私 たちは完全なる変化を必要としています。しかし、私たちは昔から古いやり方を植えつけられています。」

ラジオ局のすべてのものが古いです。サウンド・アーカイブはテープ録音されています。しかし、ライブラリーのテープレ コーダーは壊れています。古いカーペットで防音したスタジオには小さな廃品回収されたサウンド・デスクがあります。わずかなパソコンにはウィルスが入って おり、スタジオは主にボランティアによって成り立っています。

ラジオ・ザーウィアは、カダフィの国家放送局のひとつであるアル・ワタンヤが1999年に設立し、今もまだ国家の管理下 にあります。革命が始まった時、ステーション・マネージャーだったエマド氏は、革命を支持し、国際的ジャーナリストに密かに情報を提供しました。ザーウィ アが崩壊する前、彼はトリポリに連行され投獄され6か月もの拷問を受けました。 「私は特例でした」と彼はタバコの煙の中で、通訳を通し語りました。「彼らは私も彼らの仲間だと思い私を酷く扱いました」彼は容疑を否認しましたが、彼ら は彼が電話した記録を持ってきました。 「彼らは私を殴りました。彼らは私の鼻を粉々にしました。私の睾丸を感電させました。」 彼は、新しいリビアの政府によって支払われている治療を現在も受けています。しかし、彼が子どもを持つことはもうできないでしょう。

現在、彼はザーウィアに戻り、現代世界へとラジオ放送を持ち動かそうと精力的に働いています。 彼は、政治討議プログラムを、度々地域の人々の協力で主催し、そして、ラジオ局は社会的、文化的情勢、ニュースや解説を報道しています。

しかし、ラジオ局はまだカダフィの法律および官僚政治により支配されています。従業員は公務員で解雇することはできませ ん。給与は文化省から直接従業員の口座に支払われます。ラジオ局のための予算はありません。広告費が僅か入りますが、それはカフェの給仕に支払う程度の金 額です。プロデューサーもレポーターもいません。アナウンサーがやっといるといった程度です。50人ものスタッフがラジオ局にはいますが、そのスタッフの 半分しか給料が払われておらず、彼らはまた報道の仕事をしていません。給与が支払われているスタッフはエンジニアもしくは管理者、またはマネージャーで す。

実際、誰も局の責任者が政府の誰なのかを知りません。文化省は給与を支払いますが、新しいメディア省がつくられました。 しかし、メディア省には予算がありません。地方評議会の一部のメンバーは、彼らが局を所有する必要があるように感じましたが、彼らがこれまで提供してきた のは新しい送信機だけです。今後の方針についての意見の一致はありません。

そして、セキュリティの問題があります。ちょうど私のザーウィア到着前、トリポリへの道路を封鎖していた武装した50人 の若い民兵は、ラジオ局マネージャーのオフィスを襲撃しました。ラジオでアナウンサーが道路上での二つのライバル部族間の衝突を「部族間抗争」と述べたの で、彼らは怒り狂いました。彼らは犯罪者から身を守っていただけだと激怒しました。

ラジオ局は放送を中止しました。放送が再開されたのは、民兵のリーダーが部下に撤退を命じインタビューに応じてからでした。

「私はイーブニング・プログラムの司会者として働いています。」エマド氏は言います。「番組は23時30分終了します。 私が責任者や政府関係者にインタビューします。私は暗くなった人通りのない道を通り帰宅します。私は私たちが放送する内容に対して怒りを感じている人がい ることも予測しています。彼らが私を攻撃することもできます。」実際、私が訪問した朝、女性の司会者は、民兵の攻撃を恐れ出勤してきませんでした。

ラジオ局は、根本的な変更なしに今後の発展はまずないでしょう。古い法律は、廃止する必要があります。公務員ではなく、 州のラジオ局は自分たちで従業員を雇う必要があります。予算は権限委譲する必要があります。リビア国家放送で4,000人の従業員がいますが、ごく一部分 だけが必要です。人数を減らし、働かない者は相応の対処がされるべきです。新しいシステムの規則が公共放送の独立性を支える為に必要とされています。

公共部門以外では、リビアのメディアは活気づいています。そこには40年間存在しなかった言論の自由があります。民間放 送局は激増し、ジャーナリストは行動規範に合致した意欲を表しています。トレーナーは、ジャーナリズムを目指す意欲がある才能のあるリビア人を探していま す。しかし、現在最も必要とされる解決のかぎは勇気です。銃があふれ脅迫がはっきりと感じられています。

リーディングリスト


コメント (0)

自動翻訳はGoogle翻訳を使用しています。寄稿者の大まかな考えは伝わるかもしれないですが、正確でニュアンスを持った翻訳として頼れるものではありません。その旨、閲覧中は注意をして下さい。

  1. あなたのコメントは承認待ちです。

    Yet the story of free speech in Libya is not simply a story about “legacies” left by Gaddafi or deep-rooted bureaucracies that survived the 2011 NATO intervention. It is worth noting that Libya has been loosely governed by two rival governments since August 2014 (the Islamist new General National Congress in Tripoli and the Council of Deputies in Tobruk). It is not clear that these rival governments have the same vision of free speech. What is clear is that free speech will not flourish in an atmosphere of violent civil war.

コメントを残す(使用言語は自由)

焦点

Swipe left to browse all of the highlights.


言論の自由の討論はオックスフォード大学セント・アントニーズ・カレッジのダレンドルフ自由研究プログラムの研究プロジェクトです。www.freespeechdebate.ox.ac.uk

オックスフォード大学