自殺につながるネット上のイジメ事件

2012年10月10日、カナダ人の少女アマンダ・トッド (Amanda Todd) が数年間にわたるネット上のイジメとハラスメントが原因で自殺をした。ジュディス・ブルーン (Judith Bruhn) が衝撃的なケースを提示する。

ケース

12歳の時、アマンダ・トッドはウェブカメラを使用したサイトにログインし、30歳の男と知り合い、男にお世辞を言われた結果、胸を見せた。男は少女の胸の写真を撮り、彼女の家族、学校仲間そして近所の人の間に写真を配布した。アマンダは引っ越し、転校もしたが、男は彼女をストーカーしてハラスメントを続けた。これが原因となって、学校でアマンダはいじめられ襲われたりもした。年月が経つにつれ、アマンダはパニック障害になり、自虐をはじめ、何度か自殺を試みた。2012年9月7日、15歳のアマンダはYoutubeに9分間のビデオをアップロードし、画像内でフラッシュカードを使って自分がストーカーされ、いじめられ、襲われた体験について語った。同年の10月10日、彼女は自殺した。

著者の意見

「アマンダ・トッドのケースは衝撃的なものです。ネット上におけるいじめと、それにそそのかされた学校でのいじめが10代の女性を自殺に追い込んだのです。オンライン、もしくはオフラインで写真を流通させ、人にハラスメントを行なうのは正当な発言の自由だといえません。メディア機関をちゃんとコントロールできない使用者が物事を真剣に捉え過ぎているだけだという見解は、言い過ぎです。それは、犯罪行為なのです。加えて、ネット上であるといえども10代の女の子をストーカーするのは子供虐待に他ありません。ネット上のいじめはカナダの一般的ハラスメント罪の法律で裁くことができるし、他の国では似たような、もしくはもっと厳しいハラスメントに対する法律を実施している所もあります。ニューヨーカーのミシェル・ディーンは、カナダと米国の法律、および他の国々の法律において合意なしの写真撮影と写真伝達は犯罪とみなされていると承認しています。我々が今注意を向けるべき問題は、ネット上のいじめの多面的性質についてであり、それが「発言の自由」を根拠として許されてはならないという問題点なのです。」

 

- Judith Bruhn

リーディングリスト


コメント (0)

自動翻訳はGoogle翻訳を使用しています。寄稿者の大まかな考えは伝わるかもしれないですが、正確でニュアンスを持った翻訳として頼れるものではありません。その旨、閲覧中は注意をして下さい。

  1. あなたのコメントは承認待ちです。

    “How many girls have to kill themselves before society realizes that cyber bullying leads to suicide.” Over the past years we have seen many incidents of suicide attempts due to cyber bullying. Yet some of us claim that bullying (in the sense of freedom of expression) should be protected under the 1st amendment. This philosophy is however a drastically ignorant approach to a matter that can have a deeper impact on a person’s mental and physical state than anticipated. In the case of Amanda Todd, physical and cyber harassment were tools used to drive her into suicide. We believe that this would not have happened if the extent of the verbal abuse could have been limited by the school regulations and public laws. In cases like these speech and hate speech must be differentiated and dealt with accordingly. Reflecting upon that statement, we are highly convinced and fully invested in the thought that Amanda Todd would have seen another day, if the hostility and malevolence of her classmates would have been confronted and address as harmful and as a criminal offence.

  2. あなたのコメントは承認待ちです。

    It is really a shocking news. Cyber bullying is one of the major problems for kids as they are exposed to different social media websites. Internet safety for kids are indeed these days and parental control programs helps protecting kids. I also use a parental control program for my kid’s safety.

  3. あなたのコメントは承認待ちです。

    What a terrible news!

    This is not only about the privacy, but the right to life. To protect users from cyber-bullying is a key topic that administrators must concentrate on.

    Free speech is consist of rights to speak and the protection of personal reputation.

コメントを残す(使用言語は自由)

焦点

Swipe left to browse all of the highlights.


言論の自由の討論はオックスフォード大学セント・アントニーズ・カレッジのダレンドルフ自由研究プログラムの研究プロジェクトです。www.freespeechdebate.ox.ac.uk

オックスフォード大学