ドイツに於ける反論の権利

ドイツでは法定化されたメディアを通しての反論の権利が存在します。裁判所に行かずに名誉を守る方法をMaximilian Ruhenstroth-Bauerが説明します。

言い返す権利は、フランス革命によって人間が到達した、audiatur et altera parsの原則に基づいた、聞いてもらう権利です。これは、自分がメディアを通して、不当に描かれたり、中傷されたと感じた人々が、同じ表現の手段で自分の反論を聞いてもらう権利を人に与えたものです。ドイツでは、反論の権利は1831年にBadenではじめて登場し、その後、「訂正の権利」として1874年に帝国報道法を通して、制定されました。今では連邦法を通して明記されたドイツの法制度のコンセプトと認識されていますが、この反論の権利は個人の名誉を守る権利として、言論の自由の制限が認識されたときの基本法の条項をうけついでいます。その意味で、不当競争・不当労働に対する停止命令や訂正のような立法上の選択肢に加え、反論の自由は、立憲的な許可なだけではなく、明文化されてこそいませんが、強く義務付けられているものなのです。ドイツの法制度のもとで、積極的な義務はメディアに対する個人の評判や尊厳を守るためのセーフガードとして課されています。

たしかな相似点のある連邦国家の様々な報道法は、基本法に従って報道の権利と責任を規制しています。人々にメディアへのアクセスを与えると言うよりも、報道法に明記されている反論の権利は、適当でない名誉棄損・中傷から個人をまもることを目的としています。しかしながら、価値判断の意見と主観的な表現がこれから抜け落ちてしまっているため、ドイツに於ける反論の権利は実際の陳述文に制限されています。どんな個人、組織、会社、公的な機関、ドイツ人やドイツのものであってもそうでなくても、国内メディアにて反論することをリクエストできます。その反論は中傷であってはいけませんし、もともとの相手の意見の長さより長くてもいけません。典型的には、報道法は、反論を、それがその次の可能性のあるタイミングで、もともとの意見と同じやりかたで、変更することが自由にできうるよう、行われることが規定されています。もし、そのメディアの編集者が拒否した場合は、そのリクエストは民事法廷の法的な命令によって強制的に行われることになります。

リーディングリスト

コメントを残す(使用言語は自由)

焦点

Swipe left to browse all of the highlights.


言論の自由の討論はオックスフォード大学セント・アントニーズ・カレッジのダレンドルフ自由研究プログラムの研究プロジェクトです。www.freespeechdebate.ox.ac.uk

オックスフォード大学