トルコのクルド人、ブルガリアのトルコ人

Kerem Öktemがブルガリア政府とトルコ政府の最も重要な少数民族の言語の権利を比較します。

ケース

トルコとブルガリアは共に多くの少数民族を抱えています。ブルガリアでは人口の8%から10%が トルコ系であり、トルコでは約15%がクルド人として認識されています。両国共に、未だ共通の民族・宗教文化によって統一されてきた国民主義が、教育機関 や公の議論における標準であり、その結果少数民族を冷遇してきたと言えるでしょう。この様な国々では少数言語の使用は基本的に、ブルガリアはブルガリア語 を、トルコはトルコ語を、といった国家の調和と統一性を乱す脅威とされています。こうした共通点がある一方で、少数言語の使用の認可と又その妨げに関して はそれぞれ政策が違うようです。

EU参加国であるブルガリアでは、憲法では保証されていないものの、原則として母国語で教育を受ける事は閣僚会議の決定で認められています。宗教団 体経営の4大学を除き、少数民族学校こそ存在しないがトルコ人は基本的な母国語教育を受ける権利が与えられているのです。ただし、実際の規定と地域の教育 行政・学校間の政略がこの権利を弱めてしまっています。例えばトルコ語の科目を設置するにあたりトルコ語教師が必要なばかりでなく、最小で12人の、それ もトルコ語を「選択外国語」として履修する生徒がいなければならない、と規定されています。この様な科目は生徒の総合成績に含まれない上にコンピューター リテラシーやその他の外国語といった選択科目と競合しなくてはならないのです。又、現場の主任教師達が生徒にトルコ語を選択させないようにしているのでは ないかという証拠まであります。何よりトルコ語教師の研修所であった教育機関が財政状況を理由に閉鎖されてしまい、結果として国内でトルコ語を選択する生 徒は少なく、ブルガリア在住トルコ人のトルコ語能力がブルガリア語能力に劣るという事態に繋がっています。

過去8年間ブルガリア国営放送は日刊の15分ニュースをトルコ語で放送してきました。しかしこれは国内750、000人のトルコ人にとって唯一のブ ルガリア発のトルコ語番組にもかかわらず、外国語を促進させるとして根強い反対運動にあっています。大統領であるボイコ・ボリソフ氏でさえ、ブルガリアの 公式言語はブルガリア語だとしてこの反対運動に賛同したのです。この昼下がりの小さなニュース番組の先行きは暗雲立ち込めるばかりなのです。

EU加入候補のトルコでは、数少ない非ムスリム系少数民族学校を除き、初等・中等教育共に少数言語教育は行われていません。つまり就学年齢にあるク ルド人の子供はクルド語で教育を受ける事ができないのです。ただし、近年はクルド人居住地にある大学においてクルド語やクルド文化学部が開設され、これら の専攻科が広がりを見せています。

私設でクルド語語学コースを設立する案もあるが、教育省の地方調査官による強制的な開講場所の指定は急増しつつあったこれらのコースを停滞させてし まいました。それにも負けず開講されたコースもあったが、現在ではそのほとんどは閉鎖されています。その多くは高額な授業料を請求せねばならず、貧困層が 多いクルド人社会には浸透しなかったからです。

しかしメディアに関しては状況は著しく異なります。過去数年、トルコ国営チャンネルTRT6がクルド語での24時間放送をしているばかりでなく、民営2局が参入し、こちらもクルド語で24時間放送を行っているのです。

著者の意見

両国とも、彼らにとって貴重なはずの少数 民族の言語権保護に関して言うならば劣悪である。ブルガリアは原則として少数言語で教育を受ける事は認められているが、現実的には教育省から現場の教育者 まで国家ぐるみでトルコ語教育を否定しているようである。更に昼下がりの時間帯からしてほとんど視聴者もいないような、たった15分間のニュース番組にで さえ国家的な反対運動が起きるという事実が、この国の少数言語者の人権への無理解を物語っている。

トルコはクルド人はじめ、ムスリム少数派の人々のトルコ語での初等・中等教育が断たれており、彼らの母国語での教育も原則認めていたない為、国際的 もしくはヨーロッパにおける人権基準に抵触している。この様な人権と言語権の侵害は、国家がクルド語放送を支援しているという事実で打ち消せるものではな い。逆に国家がクルド語を奨励するという、その一方で同じ国家がクルド語教育を妨げるという矛盾を浮き彫りにするものである。

- Kerem Öktem

リーディングリスト


コメント (0)

自動翻訳はGoogle翻訳を使用しています。寄稿者の大まかな考えは伝わるかもしれないですが、正確でニュアンスを持った翻訳として頼れるものではありません。その旨、閲覧中は注意をして下さい。

  1. あなたのコメントは承認待ちです。

    Dear Friends,

    I am a Kurdish/Turkish girl living in Lebanon, holding both IDs, the Lebanese and the Turkish. My grandfather moved to Lebanon because of the Turkish violation against kurds and the breach of their rights. They have suffered long history with discrimination and persecution in many surrounding countries as well. They were not allowed to raise their flag nor use their native language (that is the reason why I am weak in speaking kurdish!). Both sides hope for a peaceful settlement to avoid bloody civil war. The mass Kurdish exodus from Iraq triggers foreign government and public opinion to firmly engage on the kurdish question.

  2. あなたのコメントは承認待ちです。

    Dear colleague,

    I am somewhat puzzled by your conclusion that Turkish people in Bulgaria are more and more fluent in Bulgarian. As far as I know it is exactly the opposite — they know less and less Bulgarian, although this does not mean that all is good with the Turkish language education. Can you please quote your sources of information, academic, statistic or others?

    Milena Borden (Dr. UCL-SSEES)

  3. あなたのコメントは承認待ちです。

    Very nice example of collaboration between two nations.

  4. あなたのコメントは承認待ちです。

    Dear mpetkova,

    Thank you very much for your thoughtful comments.

    You are right about the DPS’ importance for the Turkish community (there, however, several Turkish parties in Macedonia, I should add).

    What I conclude from my fieldwork is that the DPS needed to walk a very fine line as ethnic politics are unconstitutional in Bulgaria. It seems that while they were perceived as a ‘Turkish party’, they had to take great care in demonstrating their commitment to being a ‘Bulgarian’ party, hence also including Bulgarians from other backgrounds. For what reason exactly one might disagree, but the DPS seems to have been much better in clientelist politics than in expanding the rights of the Turkish and other minorities.

    In fact, this does resound a bit with the Turkish case, where there also is a de-facto Kurdish party (BDP), which is legal but the moment it crosses into the territory of Kurdish identity politics is ruthlessly prosecuted.

    By the way, after writing this case, I received news of the Bulgarian Parliament’s apology for the “Renaissance” campaign. I wonder what you think about it? Is it a sign that things might be about to change?

    Best wishes

    http://setimes.com/cocoon/setimes/xhtml/en_GB/features/setimes/features/2012/01/18/feature-01

  5. あなたのコメントは承認待ちです。

    Thank you, Kerem, for this insightful article. Indeed, the rights of the Turkish minority in Bulgaria have long been abused. Towards the end of the communist regime, the party leadership sought the escalate ethnic tensions in my country by launching the so-called “Renaissance Process” to change the names of all Turks to “Bulgarian” ones. Of course, this resulted in violence, arrests, and even deaths and thousands of embittered Turks left. Since the fall of the regime and its pro-ethnic-tension politics in Bulgaria, there has not been an attempt to re-think recent history and launch discussions on the position of minorities in the country because our amateurish political elite cannot move beyond populism. Furthermore, the way history is taught in Bulgarian textbooks has not changed since 1989, so all propaganda targeting the “Western NATO enemy” Turkey has not been removed. To this day Bulgarians cannot come to terms with the Ottoman conquest. It’s been 150 years already. So do not be surprised about the petitions against the 15-minute news in Turkish. I do have to note, however, that unlike many of our neighbors, we have had a Turkish party (DPS) in parliament since 1989. How representative they are of the Turkish minority is another question.

コメントを残す(使用言語は自由)

焦点

Swipe left to browse all of the highlights.


言論の自由の討論はオックスフォード大学セント・アントニーズ・カレッジのダレンドルフ自由研究プログラムの研究プロジェクトです。www.freespeechdebate.ox.ac.uk

オックスフォード大学