支援者とパートナー

言論の自由に関する討論は、オックスフォード大学セントアントニーズ・カレッジに帰属し、自由概念に関する研究のためのダレンドルフ・プログラム(http://www.sant.ox.ac.uk/esc/dahrendorffreedom.html) の一環としてスタートしました。このため、同大学から知的、制度的、技術的なサポートを受けています。このサイトの内容は、ボードリアン図書館(http://www.bodleian.ox.ac.uk/bodley) において電子コンテンツとして保存されます。

このダレンドルフ・プログラムと、ダレンドルフ・レクチャーやコロキアムを支える資金は、オウレア基金 (http://www.aureafoundation.com/)とツァイト財団法人(http://www.zeit-stiftung.de/home/start.php) から提供されています。

またこのフリースピーチディベートプロジェクトへの支援は、フリット・オウト基金 (http://www.fritt-­ord.no/en/)、オープンソサイエティ基金(http://www.soros.org/)、そしてGoogle (http://www.google.com/publicpolicy/issues/freedom-­of-­expression.html) から提供されています。我々はプロジェクトを支えて下さるこうした団体に心から感謝しております。こうした支援団体は、我々の学術上での独立性を尊重してくれています。このプロジェクトは、各国政府や政府関連組織から資金提供は受けておりません。

このプロジェクトにおいてパートナーシップを締結している外部組織は以下の通りです: ワールド・プレス (http://wordpress.org/);  Wikiメディア基金 (http://wikimediafoundation.org/wiki/Home); WikiメディアUK (http://uk.wikimedia.org/wiki/Main_Page); カバーリットリアブ(http://www.coveritlive.com/);オープンデモクラシー(http://www.opendemocracy.net/); グローバル・ボイス (http://globalvoicesonline.org/); ガーディアンコメントネットワーク(http://www.guardian.co.uk/commentisfree/series/guardian-­comment-­network); ユーロザイン (http://www.eurozine.com/); アイディア (http://www.idebate.org/)。

print Print picture_as_pdf PDF

コメントを残す(使用言語は自由)

今後議論すべきテーマ

もしこのホームページ上で議論されていない言論の自由についてのテーマ、第11番目となるべき原理、啓発的なケーススタディがあれば他のユーザーのコメントを読んだ上であなたのアイディアを聞かせてください。あるいはご自身の言語で是非議論を初めてください。

Get involved

言論の自由の討論はオックスフォード大学セント・アントニーズ・カレッジのダレンドルフ自由研究プログラムの研究プロジェクトです。www.freespeechdebate.ox.ac.uk

オックスフォード大学